スポンサーリンク

【ペルソナ5】怪盗団の法的に許されない部分てどこだ?逮捕される必要性ある?

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク








ペルソナ5 怪盗団 法的 逮捕
355
:2016/10/23(日) 11:44:31.73 ID:

ところで主人公達の法的に許されない部分てどこだ?
心のお宝盗んじゃダメなんて法律ないし武器はオモチャだし戦闘も本人の体に傷害与えてもないし
不法侵入にしてもパレスに敷地権あんのかね?

361:2016/10/23(日) 11:45:38.35 ID:

>>355
火炎瓶作成
367:2016/10/23(日) 11:46:15.19 ID:

>>355
不法侵入はキーピックして斑目の部屋に入り込んだこと
奥村フーズのなぜか割れてた窓ガラスで器物破損
電波ジャック

こんなもん

406:2016/10/23(日) 11:52:18.96 ID:

>>367
ああ、電波ジャックがあったか
でも斑目の部屋と奥村ガラスは無理でしょ
キーピックはネコだし偶然入りこんだ体で出てけと言われて素直に退散してるし
414:2016/10/23(日) 11:54:01.85 ID:

>>406
そもそも奥村のガラスもモルガナがやったとは思えないしなぁ

まあそれ以外の罪でも充分すぎるけど

369:2016/10/23(日) 11:46:33.82 ID:

>>355
脅迫行為
382:2016/10/23(日) 11:48:20.80 ID:

>>355
予告状を出すことによる威力業務妨害・脅迫・名誉毀損、それと電波ジャックに代表されるハッキング行為
あと斑目邸に対する不法侵入、この辺が法律違反にはなる
そして、これらは全てジョーカーが出頭したことで自供が行なわれ、恐らく証拠不十分で不起訴扱い
「法治国家」である以上、疑わしきは罰せずなので無罪ということになる
384:2016/10/23(日) 11:48:31.12 ID:

>>355
改心させることは不能犯として法律で裁くことができない
双葉のハッキング行為ぐらいか裁けるのは
390:2016/10/23(日) 11:49:25.05 ID:

>>355
猫の無賃乗車
397:2016/10/23(日) 11:50:37.25 ID:

>>355
でかいのは電波ジャックで電波法違反
あとは騒乱罪とか煽動罪とか、その手のお上に都合の良い罪状やろね
一応、お注射おじさんの読み上げる罪状は現実でもあり得る

場合によっちゃ、アレフに適用されてる奴も乗っかるかな~?


ゆかりAA2
一番まずいのはバットとかメリケンサックとか鞭とか斧を
模擬とはいえ普通に持ち歩いていることじゃないかなっと思います
というか模擬のメリケンサックや模擬の鞭なんかあるんでしょうか?
電波法ジャックによる電波法違反に関しては言い訳できませんね・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

    スポンサーリンク

    『【ペルソナ5】怪盗団の法的に許されない部分てどこだ?逮捕される必要性ある?』へのコメント

    1. 名前:名無しのゆかりさん 投稿日:2016/10/23(日) 22:50:19 ID:07a67f442 返信

      どうせ殆ど証明できないし凶器準備集合罪くらいじゃない

    2. 名前:名無しのゆかりさん 投稿日:2016/10/24(月) 00:20:18 ID:6c5f46c54 返信

      ていうか最初のオッサンが罪状読み上げてるね

    3. 名前:名無しのゆかりさん 投稿日:2016/10/25(火) 14:09:31 ID:0c2a567ec 返信

      あの世界の警察と検察は社会的混乱を全て怪盗団のせいにするつもりだから
      でっち上げでいくらでも罪状は盛られる

      精神暴走事件は怪盗団の仕業だと明智が言えば大衆は信じるし
      明智が獅童に殺されたら警察は新たな怪盗団が出たと嘘をつく
      問題が一向に解決されない事に大衆は拠り所を求めて強い国を
      作ろうとする獅童の甘言に聞いてしまうという寸法

    4. 名前:名無しのゆかりさん 投稿日:2016/10/26(水) 20:33:52 ID:55bd2fd73 返信

      しいて言えばメメントスとかパレスで手に入れた金はちゃんと使えるものなのか
      紙幣番号とインクカラーとかどうなってんだろ

    5. 名前:名無しのゆかりさん 投稿日:2016/12/10(土) 10:46:13 ID:cb7fad87f 返信

      バトルでゲットした金は岩井さんとこで使うんじゃね

    6. 名前:名無しのゆかりさん 投稿日:2017/11/05(日) 23:10:03 ID:e9f6ca8f1 返信

      高校生学園物ファンタジーでありながら、現実社会のしがらみを強く描いた物語。
      新島冴が曰わく、現実社会で云う所の【人に見えない部分】の操作で、他人の意思を意図的に変えるって部分が、過去の精神暴走や廃人化と繋がる関連性を、強引に怪盗団に押し付けただけの話が問題であり、怪盗団の行いの是非が問題ではない。
      見えない恐怖が、社会的秩序を乱す恐れから、怪盗団と云う現実的な的が、一番手っ取り早く、見えない恐怖の解決策に結び付いた(獅童により意図的に仕組まれる)結果になっただけの事。
      随所に入る些細な行為(不法侵入や電波ジャック)などは、精神暴走や廃人化を行った確信犯による操作で(自らの罪を)怪盗団に責任をなすりつける事で、大衆を錯覚させる素材の上乗せにされただけの事。
      獅童が逮捕後に、新島冴がそれらを明確に区別して話してる筈。
      獅童立件後の刑務所で、冴との会話シーン主人公選択肢で、最後の質問にも見れる【ゲームだった】と言う言葉は、主人公が似非イゴールの抱いた壮大な野望を視差する意味にも取れるが、次元の狭間の世界を知らない新島冴にすれば、コレまでの不可解な事件すら、現実にはあり得ない事が、見えない所で起きていた。
      それすら、笑って除ける主人公に賞賛を与える言葉と受け止めるオトナ的(昔の義賊映画を思わせる)空気を作った演出を入れて締めている。
      随所に散りばめられた怪盗団の小さな犯罪行為が重要ではなく、ストーリー全般を通した結果が、既に国の手に落ちた【認知可学】の存在を大衆から目を背ける様に怪盗団に責任をふり、【最後は怪盗団は無かった事にする】事で、国の責任隠しをする。
      故に【異世界の秘密を知る】怪盗団を事無く監視、大衆を欺きつつ監視する事で、国その物が、責任回避した決着とした話になった。