スポンサーリンク

【龍が如く6命の詩】ネタバレ注意 尾道の秘密って何だったの?尾道の人達は何を隠していたの?

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク








龍が如く6 命の詩 エンディング エンド ネタバレ 注意 尾道 秘密 何だったの 隠していた
481
:2016/12/09(金) 10:32:33.16 ID:

結局尾道の秘密って何だったの??

488:2016/12/09(金) 10:35:20.50 ID:

>>481
戦時中に超戦艦大和作ってた
492:2016/12/09(金) 10:36:43.49 ID:

>>488
そもそも大和の母港って呉だよね
494:2016/12/09(金) 10:37:46.41 ID:

>>488
なんでそれが世間に知られてはまずいの?
そんな秘密を喋らないと約束しただけで1億も貰えるのか?
498:2016/12/09(金) 10:39:17.17 ID:

>>494
買ってゲームやれよ
買いたくないなら聞くな
500:2016/12/09(金) 10:42:03.92 ID:

>>494
その秘密を守る為に国の予算癒着してた政治家が多数いる
506:2016/12/09(金) 10:45:18.23 ID:

>>500
そんな秘密を知っただけで桐生は世間から存在ごと消されたのか
513:2016/12/09(金) 10:49:02.73 ID:

>>506
多分今まで何兆円ていう金が動いてるから今さら後戻り出来なくなってるんじゃない?
517:2016/12/09(金) 10:51:07.61 ID:

>>513
その超大型大和戦艦を出動さしてたらアメリカや中国に戦争で勝てたのか?
523:2016/12/09(金) 10:52:08.35 ID:

>>517
それはまた別の話
505:2016/12/09(金) 10:44:46.52 ID:

>>488
超大和型戦艦作れ

あ、戦争終わった 戦艦もうイラネ

ふざけんな建造にかかった金よこせ

ゴメンゴメン じゃあ建造費の一部返すよ
あと君に有利な法案色々通すからそれでチャラね

オッケー でもこれ完全に国家権力の私物化だよね?バレるとお互いマズイから秘密にしとくよ

確かこんな感じ

490:2016/12/09(金) 10:36:21.64 ID:

>>481
戦争中に建造されていた超大和型戦艦の存在と広島と国内部との癒着
499:2016/12/09(金) 10:40:02.18 ID:

>>490
戦争に勝つためにそれを作ってたんだろ?
それが悪いことなのか
国を守るためだろ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

    スポンサーリンク

    『【龍が如く6命の詩】ネタバレ注意 尾道の秘密って何だったの?尾道の人達は何を隠していたの?』へのコメント

    1. 名前:名無しのゆかりさん 投稿日:2017/12/25(月) 12:11:45 ID:c4ea22590 返信

      大まかに言うと、お金の問題なんだろうね。

    2. 名前:名無しのゆかりさん 投稿日:2018/01/25(木) 10:25:21 ID:889792a39 返信

      大まかにいうと設定考えた奴が馬鹿だった

    3. 名前:名無しのゆかりさん 投稿日:2018/09/29(土) 23:16:14 ID:8356ccbb7 返信

      戦艦自体何も悪くないやん

    4. 名前:名無しのゆかりさん 投稿日:2018/09/30(日) 03:58:45 ID:4633e4d15 返信

      >戦争中に建造されていた超大和型戦艦の存在と広島と国内部との癒着

      加えて言えば秘密裏の戦艦建造の為、作業員不足を補う為、
      某国の上層と結託して、その国の貧富層の人々を恫喝、金、騙しなどを用いて、
      戸籍を偽装して日本国民とした。
      祭汪会や神拳派が尾道の秘密に関わっていたのはこれに加担した経緯からである。

      政治家連中が恐れていたのは賠償金よりむしろこの繋がりが明るみに出る事だった。
      だから手駒だった尾道の老人たちを動かして
      この二つの組織を表向き組織内の抗争に見せかけて潰そうとしていた。
      老人たちはそのための火種として勇太や遥、そしてハルトを利用する事を思いついた。

      だが結局、隠蔽自体には成功したが彼らは破滅した。
      彼らが火種に利用しようとした親子が事もあろうに“龍”の大事な家族でもあり
      裏社会の都合でその幸せを壊さんとする所業によって、
      義侠を重んずる彼の逆鱗に触れたからである。