スポンサーリンク

【ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド】海外レビューが解禁、息をのむ傑作だと満点レビューを獲得

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク








ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド ZELDA BREATH OF THE WILD 海外 レビュー 解禁 息をのむ 傑作 満点レビュー 獲得
1
:2017/03/02(木) 22:24:01.10 ID:

ゼルダの伝説BotW
10.0
http://www.gamespot.com/reviews/the-legend-of-zelda-breath-of-the-wild-review/1900-6416626/

『息をのむような傑作』

その神秘的な始まりからアクションまで
ゼルダの伝説:BotWは任天堂の崇拝されるべきシリーズの革命だ。
それはシリーズを未知の領域に踏み込ませると同時に
王者の復帰であり、あらゆる面において予想を上回る出来栄えである。

デザインやメカニックを一新し、まったく新しいものを築き
また本来望まれる形を取り戻してもいる。
これは任天堂の持つ才能を具現化した作品であり、率直に言って
君がこのシリーズを過去に触れていようがいまいが、誰にでも勧められる。

BotWは典型的なハイラルファンタジーというより
サバイバルアクションといった体で新しい方向性を示していた。

君は用心深く、創造的で、臨機応変に冒険しなければならない。
フィールドから使えそうな武器を集めるか、敵から盗むかして
戦わなければならないし、
フィールド内で獲れる食材を加工して体力回復に努める必要もある。

今作において死は身近な存在であり、
君の冒険には様々な危険が身構えているので
過去のゼルダから学んだ知識は役に立たない。
何よりBotWにおいては君が世界を支配している感覚がない。

これは実に素晴らしいことだ。
多くのゲームが情報を管理できてしまうのに対し
ゼルダは最後までスリルと未知の発見を維持していた。

2:2017/03/02(木) 22:25:08.66 ID:

お馴染みのヒーロー・リンクが100年の眠りから目覚め
墓のような洞窟から出てきた瞬間からすぐに驚きが始まっている。
彼が崖を駆け抜け、新たなハイラル世界を見た瞬間
君はこの世界の壮大さをすぐに理解するだろう。
そして、それは間違いなくシリーズ最大の大きさだ。

平野とそびえたつ山々を横断する。
厳しい天候の中で戦闘を繰り返す。
フレームレートがやや低下する時もあるが、
そんな事も気にならないほど冒険の幸福と興奮が君を包むだろう。

ゴブリンから身を守りながらガノンを倒し
ゼルダ姫を救出するというシリーズ恒例の冒険。
だが、今回は多くの武器を手にするのに、それほど時間はかからない。
ほぼ全ての敵は盾や武具を所有しているので
君が彼らを倒すことができれば、その武器はすぐに君の物となる。

全ての武器が耐久性を持っている事を踏まえれば
これは絶妙なバランス調整といえるだろう。

君が冒険を進める過程で、何百もの武器とはいえないまでも
攻撃可能な道具を目にするだろうし、
それとは別に何十もの武器を手にする事も出来るはずだ。
敵から多数の武器を奪って冒険をするというのは
過去のゼルダからは見られなかった発想でもある。

4:2017/03/02(木) 22:26:09.93 ID:

また戦闘中に武器が破壊された時など臨場感が素晴らしい。
君はまさに砕けたような感触を感じ取れると思う。
一貫して破壊されない武器というのは存在しないが
武器は多数あり、すぐに入手できるので君が苦痛を感じる事もない。

実際、君がどの武器を用いるかは重要だが
君が武器をコントロールできるかどうかは必ずしも重要ではない。

また今作の敵は賢く、彼らに勝つためには
敵の動きを調査し、それぞれに異なる戦術を
活用しなければならない。
盾の有効な活用が重要だが、中には通常の防御では
防ぎきれない敵もいる。

この場合、君は敵の攻撃を避けたり、受け流す必要がある。
敵が隙を見せる瞬間を上手く見つけ、そこを逃さず攻撃をする。
タイミングが肝心であり、無数の敵と無数の武器が君の目の前に
広がっている踏まえれば
君は絶えず挑戦的に学ばなければならない。

もちろん今作には予期しない驚きがあふれている。
ゲームは決して君に手取り足取り教えたりはしない。

例えば敵の矢を防いだ後に盾をみると、
矢の付いた盾としてカタログにそれが追加されていたり、
敵の木製の武器を利用すれば火を起こす事が出来たりするのは
全て君自身が発見すべきことだ。

5:2017/03/02(木) 22:27:15.29 ID:

これらの出来事はユーザーにとって刺激的な場面でもある。
それは君に発見の楽しみを与えてくれるし、ゲーム内の世界で
生活している実感を感じ取れるだろう。

今作は50時間ほどでエンディングを迎えるが
その後も恐ろしい敵と発見の楽しみが残されている。
その頃には君の力や能力はかなりの成長をしているだろうが
しかし無敵ではない。
だから依然としてゲームは価値ある冒険を提供していた。

またBotWでは武器以外にも
リンクはルーンという魔法を扱う事が出来る。
これは何らかの物体を動かす事が出来たり
敵に大きな鉄を落としたりすることが可能な技だ。

リンクは一定時間、敵を金縛りにする事も出来るし
敵からエネルギーを吸収する事も出来る。
ルーンは戦闘時や危機的な状況を解決する素晴らしいものである。

さらにゲーム内の4つのメインダンジョンはパズル要素に
焦点を当てており、過去のゼルダの鍵を探すことに焦点を
当てていた冒険と比較するととても珍しい構成をしていた。

6:2017/03/02(木) 22:27:43.75 ID:

今まで傑作とされるオープンワールドプレー済みな世界でこれだからな
凄まじい高評価
7:2017/03/02(木) 22:28:19.52 ID:

重要な場所へ行くために鍵を探すのではなく
ダンジョン自体の形を変形するというのは
伝統的なスタイルにとらわれない面白いものであった。

ちなみに過去からの変化という意味ではボス戦が最たる例だ。
彼らはとても強力で、暗くひねくれた悪魔に変わっていた。
君の戦闘も、そこではいつも以上に慎重に行動しなければならないし
中には、ひどく苦しめられる敵もいるだろう。

BotWでは大きなダンジョンも重要だが
しかし今作はどちらかというと小さなほこらに焦点を当てている。
これらのミニダンジョンは100以上あり
その大多数は謎解きを焦点とするパズルだ。

幾つかは数分で解決できるが、中には大規模な謎解きもある。
BotWの新システムを上手く活用しないと解けないものもあるし
そこでは何をすべきなのか考えるのが中心要素だ。
単純なパズルを解くだけでも大きな報酬があるので
君はそこに価値を見いだせるだろう。

君が次の目的地を探してハイラルを駆け抜けていると
新たな聖地を示すオレンジの輝き無視するのはとても難しい。
それらはサブクエストの1つであり気晴らしでもある。

8:2017/03/02(木) 22:29:36.58 ID:

君がそれを無視して冒険するのも可能だが
BotWはただ一直線に突き進むゲームではない。
ハイラルには隅々まで君が冒険できる要素が詰まっており
君はしばしば新しい何かを探すのに夢中になれるはずだ。

少々驚くべき現象としては、こういった探索では体力が
しばしば戦闘やパズルよりも難解であるということだ。
リンクの体力には制限があるため
今作で彼は崖を登る事も出来るが、体力は絶えず考慮しなければならない。

探索はしばしばリンクの体力との戦いになる事があり
適度な休息によって、それを回避する事も出来るのだが
それはゲームの最高の瞬間や満足感を奪う事にもつながっていた。
リンクを金属製の武器や防具で固めると雷に打たれてしまう事もあるし
雨の中、山に登ると滑ったり体力を失って
君は2、3フィート以上登れはしないだろう。

なおハイラルの山の頂上から見る風景は本当に美しいが
高い場所にいるリンクは他にも多くの利点がある。
ゲームが始まってすぐの段階で彼はパラグライダーが
出来るようになり、それは常に君を助けるだろう。

9:2017/03/02(木) 22:31:12.32 ID:

これを遊ばず前菜で我慢する奴がいるらしい
カジュアルは低いレベルで楽しめて羨ましいよ
10:2017/03/02(木) 22:31:15.38 ID:

崖から落ちそうになった時、
戦いから逃げたい時、あるいは体力に負担をかけたくない時
君はグライダーで大きな世界を体感しながら
ハイラルの世界を横断できるようになる。
そして君の操作が上達すれば
それをスノーボードにして滑る事すら可能なのだ。
巨大な峡谷や密集した森林や海岸をスノーボードで突き進む時など
私はとても魅了された。

今作における街は少数ではあるが
もののけ姫を彷彿させる田園的な風景を特徴としている。
また街と同様に、道の節々で出会う旅行者もとても魅力的だ。

こういった場所で出会う冒険者たちは
個性的な話をしたり、奇妙なサブクエストを提供し
ハイラル世界の魅力を高めている。
君が生き残るための戦いを続ける間、こういった旅行者は
冒険の異なる側面に焦点を当ててもいた。
こうした気晴らしにこそBotWの長所が発揮されていると言ってもいい。

また、もし君がハイラル世界の深い部分を冒険し
驚異と罪悪感を交互に味わっていくと自然界の壮大さが
君の心を打つだろう。
それは君が急な丘を登るように、太陽が芝生に恵みを与える瞬間だ。
2、3の時宜を得たピアノの旋律が君の心に心地よく響くだろうし
無邪気な驚きをゲームは提供していく。

12:2017/03/02(木) 22:32:31.51 ID:

そして、それぞれの新たな発見がもたらすのは
揺るぎない喜びと興奮だ。
君が新たな世界を見つけた瞬間、
君がハイラルを転々としている瞬間、
そこには終わりのない小さな驚きを発見する流れがある。

どれほど素晴らしい環境に接し
どれほど狡猾な敵を倒し
どれほど慎重を要するパズルを解いたとしても
BotWはさらに新たな発見を与え
君が何十時間プレイした後も、なお君を驚かせ続けている。
この事実こそがゼルダが重要な価値を持ち続けている要因だ。

今作は君がゲームを進めば進めるほど
より大きな権限が備わっていく感覚を君に与え
それでいて、なお神秘的な感覚を保ち続けている。
全ての経験は一貫して安定した満足感をともなっている。

ブレスオブザワイルドはまさにゼルダの伝説における
決定的な作品であり、任天堂史上最高のゲームソフトである。

長所
・美しくロマンチックなオープンワールド
・多様性のある難解なパズル
・間抜けだが驚くべき人間のNPC
・優雅なサウンドトラック
・大規模な戦闘システム
・探索に報いるサバイバルシステム
・主なクエストをはるかに超えた富とミステリー

短所
・時折起こるフレームレートの問題

13:2017/03/02(木) 22:34:24.26 ID:

サンキュー翻訳
14:2017/03/02(木) 22:36:49.37 ID:

マイナスな部分はフレームの落ち込みのみでゲームはパーフェクトだな…
15:2017/03/02(木) 22:38:19.78 ID:

もののけゼルダなのか
17:2017/03/02(木) 22:39:49.36 ID:

こんな絶賛していいのかよw
ハードル最大限に上げまくった上でプレイするからな!!
18:2017/03/02(木) 22:39:51.99 ID:

ゲーム部分で短所が見当たらないか
19:2017/03/02(木) 22:41:42.33 ID:

>短所
>・時折起こるフレームレートの問題

これは結構重大な部分だとは思うのだが
それすらも超えるレベルの良さがあるっつーのか

20:2017/03/02(木) 22:43:27.31 ID:

>>19
時オカもガクガクだったけど面白かったからね
自分でやってみるまでわかんないけど
25:2017/03/02(木) 22:46:09.36 ID:

>>19
ゼルダに関してはデメリットにならないくらい素晴らしい出来なんだろうけど
やっぱサードがポテンシャルを発揮するにはスペック不足って事だよな

少し64のことを思い出して心配にはなるな

28:2017/03/02(木) 22:49:37.64 ID:

>>19
確実にそこは大問題だと思うが、満点付けてるとこ多いのは気になるな
ハードの問題だから無視してるのか
34:2017/03/02(木) 22:57:45.34 ID:

>>28
逆に考えるんだ、フレームレートの問題があるので満点を超えることは出来なかった、と考えるんだ
48:2017/03/02(木) 23:25:10.47 ID:

>>19
Skyrimとかもそれはあるし、バグも腐るほどあるが評価高いじゃん
レースゲーとかだとマズイが、色んなシチュのあるADVだし、それで大きく評価を下げることはないと思う
21:2017/03/02(木) 22:43:37.15 ID:

いままで日本のRPG,世界のRPGが
限界だと思ってた自由の中の不自由をぶっこわそうってんだから
ゲーム好きにとっては好印象だと思うよ
オープンワールドの独特の不自由さに辟易してたと思うもの

ただ、それってかなりのゲーム好きの意見だよな
正直日本のゲームが未だにレールプレイングなのを見るに
BotWの提示した自由が、日本人ウケするどうか微妙

それでもマイクラみたいな自由すぎるゲームやGTAがウケてるのを見るに
子供達が好意的に受け入れてくれたら今後のゲーム業界も明るいとは思うけどね

31:2017/03/02(木) 22:53:50.62 ID:

>>21
間違いなく 「どうやってゲームを進めたらいいの」 っていう苦情や質問が殺到するよ。
初期ドラクエの頃と違うのは、SNSが発達してる点。
35:2017/03/02(木) 23:04:03.98 ID:

>>31
SNSが発達してるから苦情にはならないと思うけどね
知ってる人に聞くっていう昔ながらのクチコミマーケティングに繋がるメリットさえある

問題は「なにやったらいいか分からない、なげた」の方。無関心の方が問題だよ

そうならないように「クリアしなくても良い」ゲームに仕上がってると良いんだけどね
なんかよう分からんがウロウロして砦ちまちま攻略してたら強くなっててくリアできた!
ってのが理想

38:2017/03/02(木) 23:07:46.57 ID:

>>31
他のプレイヤーの痕跡からヒントを得られるのはダークソウルだったっけ?
オープンワールドならああいうのがあった方がいいかもな
22:2017/03/02(木) 22:44:47.09 ID:

ネット上にいる無責任な連中がどんなに神ゲーとポジキャンをしてもメタスコアでは90はおろか85もなかなか超えないからね
そんな世界でほぼ満点に近いぶっちぎりの評価はヤバすぎる
23:2017/03/02(木) 22:44:49.82 ID:

絶賛しすぎて逆に恐いわw
ワクワクが止まらない
26:2017/03/02(木) 22:46:22.81 ID:

まじですごい
WiiUとスイッチが1世代前だとしても日本の会社はPS360世代ですら終わってたわけだし、
ここまで満点連発は日本の誇りです
39:2017/03/02(木) 23:07:49.15 ID:

探索はしばしばリンクの体力との戦いになる事があり
適度な休息によって、それを回避する事も出来るのだが
それはゲームの最高の瞬間や満足感を奪う事にもつながっていた。
リンクを金属製の武器や防具で固めると雷に打たれてしまう事もあるし
雨の中、山に登ると滑ったり体力を失って
君は2、3フィート以上登れはしないだろう。

これってどういうニュアンスなん?

41:2017/03/02(木) 23:10:21.11 ID:

>>39
スタミナ不足がテンポ崩したり装備によっては天候が邪魔してストレスになるってことでしょ
43:2017/03/02(木) 23:16:59.46 ID:

>>41
ではなぜ、
最後の短所の部分には

それが書かれてないん?

44:2017/03/02(木) 23:19:05.07 ID:

>>43
現実に鑑みてもそれは理にかなっているからおかしいと思わないからだろ
47:2017/03/02(木) 23:22:30.48 ID:

>>44
ストレスに感じるのであればそれは短所というかそいつなりの不満点としてええんちゃうの
50:2017/03/02(木) 23:26:46.49 ID:

>>47
スタミナはゲーム性の一部だからでしょ
モンハン・ダクソ・ブラボにしてもスタミナ管理がストレスにもなるしゲーム性でもあるし
51:2017/03/02(木) 23:27:37.33 ID:

>>47
ストレスには感じるがこのストレスに関しては許容しているって事だろ
何でも楽に動かせたらリアリティが落ちるんだし
40:2017/03/02(木) 23:09:34.43 ID:

ignもEUROgamerもハードはうんこで、ゼルダは凄いって評価か
まだ点数付けてる各国EUROGamerのレビューでも100なら相当なもんだが
46:2017/03/02(木) 23:22:01.59 ID:

酷評するPolygonで100点は信じてもいいかもしれん
49:2017/03/02(木) 23:25:34.44 ID:

明日夜買いに行くが売り切れだけは勘弁してくれよ
52:2017/03/02(木) 23:29:23.89 ID:

いやもうリアリティって尺度がおかしいだろ
ゲーム性を損なわないから問題ない。それだけ
53:2017/03/02(木) 23:35:20.09 ID:

面白けりゃいいってことだな
54:2017/03/02(木) 23:38:40.58 ID:

ゲーム開発は抑圧とそこからの解放をコントロールするもんだ
ストレスのないゲームなんか遊ぶ価値ない
55:2017/03/02(木) 23:59:08.97 ID:

>>54
これが重要。無駄にストレスだけ溜めて機能してないものだけを排除すればいい。
61:2017/03/03(金) 00:23:56.86 ID:

他サイトの訳もたのむー
62:2017/03/03(金) 00:32:25.66 ID:

レビューから抑えきれない興奮が伝わってくるな
65:2017/03/03(金) 01:22:20.21 ID:

ゲームというエンターテーメントはもうそろそろ限界かなって思っていたもんだから正直これほどのゼルダの絶賛には驚いた
67:2017/03/03(金) 01:27:50.50 ID:

ハンドベルトモードは問題なさそうだけど
据置がくがくまじで修正アプデ実装たのむぞ
71:2017/03/03(金) 02:49:41.00 ID:

戦闘AIがかなり進化してるってのは動画見てもイマイチ分からんかったわ。
楽しみだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

    スポンサーリンク